大倉山のカイロプラクティック・整体 TAKUMI

骨盤の歪みを引き起こす原因

テレビ番組や雑誌でも特集が組まれるなど、注目を浴びている「骨盤」
カイロプラクティックでも、重要視している身体の一部です。
赤ちゃんが育つ子宮など生殖器がおさめられている点でも、その大切さが分かります。

その『骨盤』は家の土台にあたります。家の土台が傾けば、その上に立っている家は柱ごと傾きます。この原理は身体にも当てはまるのです。つまり、骨盤の歪みを放っておくと、その骨盤の上にのっている背骨にも歪みが起こるというわけです。

骨盤の歪みが原因と思われる代表的な症状

腰痛、冷え性、むくみ、便秘、下痢、生理痛、生理不順、不妊、股関節痛、膝の痛み、外反母趾、O脚など

上記以外にも、首・肩こり、顎関節痛、頭痛、不眠、姿勢の悪さなどの原因が骨盤にあるケースも多く見られます。

骨盤の歪みを引き起こす原因

・ 胎児の時の子宮環境(お母さんの骨盤の状態に影響を受けます)
・原因が出生時の難産にさかのぼると言われる説もあり、原因はさまざまですが、難産は母子ともに骨盤の問題を引き起こす可能性があります
・ 足を組む、床での横座り(女の子座りとも呼ばれることがあります)などの姿勢習慣
・ 転倒や事故などの強い衝撃
・ 身体を捻るスポーツ

このような骨盤の歪みは、カイロプラクティックの施術により、調整が可能です。
当院には0歳〜80歳までのクライアントが通ってくださっています。骨格、年齢、症状などを考慮し、臨機応変に対応させていただいております。

骨盤矯正は、出産後1ヶ月後が勝負!お母さんが知らない産後矯正の秘密

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます

産後に骨盤が痛くなった時の対処法
帝王切開したお母さんに骨盤矯正をおすすめする理由
妊娠・出産の骨盤との関係

産後矯正のお問い合わせはこちらをクリックしてください

産後の骨盤矯正やカイロプラクティックについての情報や院内の様子をblogで紹介しています。ぜひ、ご覧ください。 >>カイロプラクティックプレイスTAKUMIのブログ

>>産後の骨盤矯正矯正の記事まとめページに戻る